☆フランス短期留学から帰国☆

2017.06.21 Wednesday

前回このブログで、中村調理製菓専門学校 製菓技術科2年生対象の3ヶ月間フランス短期留学
の様子をお伝えしました。
そのフランス短期留学の学生達が、3ヶ月間のプログラムを終えて、無事全員が帰国しました!

帰国便はフランス・パリから東京・羽田で乗り換えて福岡に帰るものでしたが、羽田からの便がなんと
2時間も遅れてしまいました。
福岡空港には教員、また多くの同級生やご家族が出迎え、久しぶりの再会に歓喜の和が広がり、また
帰国した学生の中には懐かしさと安堵感で涙を流す者もいました。

帰国した学生の皆様、大変お疲れさまでした。
この貴重な経験を、これからの学生生活や就職活動に十分活かして下さい!

 

製菓系学科の短期留学・海外研修のご案内
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/feature_practice01.html

 

 

 

 


☆朝の練習風景☆

2017.06.13 Tuesday

授業開始前の時間に、調理実習室に目を向けてみると、調理師科の学生達が多くのキュウリとジャガイモを持ち込んで自主練習に励んでいました。どうやら調理師科の1年生が6月から始まるはじめての実技試験に向けての練習をしているようです。

 

実技試験は、西洋料理・日本料理・中国料理それぞれから課題が出され、自主練習の学生は西洋料理の課題となっているキュウリのジュリエンヌ(千切り)、ジャガイモのシャトー剥き(フットボール状に剥く)の練習中です。

 

基本技術を確認する初めての実技試験は正確性と速さが求められます。基本技術の向上は地味ですが、ぜひ練習がんばってください!

(本校では朝(7:30〜9:00)と放課後(16:50〜18:00)に実習室を開放し、学生の自主練習を教員もバックアップしています。)

 

 

調理師系学科 授業内容のご紹介
http://www.nakamura-s.com/chori/chori/

 

 

 


☆調理師にとってのまかない料理とは?☆

2017.06.07 Wednesday

中村調理製菓専門学校では、先月からレストランオペレーション実習が始まりました。
このレストランオペレーション実習は、中村調理製菓専門学校 調理師科2年コースの2年生の学生たちが授業の一環として、校内に設置しているレストランを学生たち自ら運営し、実際のお客様にランチコース料理(1500円)を提供しています。
月に5〜10日程度営業されており、仕込みから調理までの一連の流れだけでなく、衛生管理や収支管理など現場に必要な幅広いスキルを学んでいます。

そのレストランオペレーション実習では、営業時間が終了すると、学生たちはまかない料理の時間になります。
まかない料理とは従業員向けに作られる食事で、実際の現場では、多くの場合食材の余りや残りを上手に活用しながらコストをかけずに調理しなくてはなりません。飲食店では一般的に新人や若手がトレーニングの一環として作る事が多く、まかない料理を通じて先輩方に指導を仰ぐ場になるなど、若手調理師にとっては自分の実力を判断いただく緊張の機会でもあります。

調理業界を目指す学生にとって、学校の授業においても、そのまかない料理に取り組む姿勢は真剣そのものです。
数年後には、学生たちも現場の新人としてまかない料理を作ることでしょう。その時は、周りの先輩をうならせるようになって欲しいものです。

 

 

 

 

レストランオペレーション実習のご案内♪
http://www.nakamura-s.com/chori/chori/feature_practice03.html


☆製菓コンテスト続報! 本校教員、卒業生も多数受賞!☆

2017.05.31 Wednesday

先日「福岡県洋菓子技術コンテスト大会」エコール部門(学生部門)における、本校学生の独占受賞についてお伝えさせていただきました。
同コンテストには学生部門だけでなく、一般の社会人が参加する部門があり、そちらでも本校教員と卒業生が多数受賞しています。
今年のコンテストは学生部門、一般部門含め計36賞が表彰されましたが、本校関係者が16名受賞となりました。
受賞者の皆様、おめでとうございます!
======================================
以下すべて一般社会人対象の部門
<マジパン仕上げ部門> 受賞枠6
最優秀賞 嘉村 みなみ (本校教員)
優秀賞  野田 沙和子 (本校教員)
優秀賞  酒井 綾子  (本校平成20年卒業 バンフの森勤務)
優秀賞  山口 栞   (本校平成25年卒業 石村萬盛堂勤務)

<バタークリーム仕上げ部門> 受賞枠2
最優秀賞 増澤 美由紀 (本校教員)
優秀賞  藤瀬 梓   (本校平成26年卒業 レーブ・ド・べべ勤務)

<チョコレート工芸菓子> 受賞枠3
優秀賞  福田 拓士  (本校平成16年卒業 菓子処典勤務)

<グランガトー部門> 受賞枠6
最優秀賞 佐藤 大地  (本校平成24年卒業 ホテルオークラ福岡勤務)
優秀賞  三浦 英樹  (本校平成11年卒業 ハウステンボス勤務)
優秀賞  西村 彩   (本校教員)

<コンフィズリー部門> 受賞枠2
優秀賞  本田 春奈  (本校平成25年卒業 グランドハイアット福岡勤務)

<ジュニア部門マジパン仕上げ> 受賞枠4
最優秀賞 平河 瑞穂  (本校平成28年卒業 バンフの森勤務)
======================================
受賞者の一覧は一般社団法人福岡県洋菓子協会サイトをご覧ください。
https://fukuoka-yogashi.jp/free/contest1
<マジパン仕上げ部門> 最優秀賞  嘉村 みなみ
<バタークリーム仕上げ部門> 最優秀賞  増澤 美由紀
<マジパン仕上げ部門> 優秀賞  野田 沙和子
<グランガトー部門> 優秀賞  西村 彩

☆2017福岡県洋菓子技術コンテスト大会にて本校学生が独占受賞しました☆

2017.05.29 Monday

2017年5月に開催された「福岡県洋菓子技術コンテスト大会」エコール部門(学生部門)において、
本校学生が4つある賞をすべて受賞する快挙を成し遂げました。
これにより同コンテストでの独占受賞は2015年から3年連続となりました。
 
同学生部門は専門学校や高校の学生が参加できる部門となっており、今回は59作品がノミネートされました。
出品作品はマジパン細工かバタークリームによる作品のいずれかとなっており、今回は本校学生のマジパン細工3品、
バタークリーム1品が受賞となりました。
 
学生たちは、毎日授業開始前と放課後の限られた時間の中で作品制作に取組み、締め切り間近になると、
遅い時間まで作品作りに時間を費やしていました。
最優秀賞を獲得した川野 穂乃花さんは、「自身が納得する作品が仕上がるまで時間がかかりましたが、
結果が出て非常に満足しています」と受賞の喜びを話してくれました。
 
同コンテストにはエコール部門(学生部門)以外にも一般社会人が参加する部門など様々な部門があります。
その他の部門についてはまた後日お伝えします。
 
受賞者の皆様、おめでとうございます!
 
<本校学生受賞者>
エコール部門 (学生の部)
最優秀賞 川野 穂乃花 (城南高等学校出身)
優秀賞  小原 日菜子  (筑紫丘高等学校出身)
優秀賞  幸 百伽     (精華女子高等学校)
優秀賞  大澤 真歩   (筑紫中央高等学校)

 

結果が証明する、ナカムラの実力
http://www.nakamura-s.com/chori/seika/contest.html

 

<最優秀賞> 川野 穂乃花 (城南高等学校出身)

 

    <優秀賞> 小原 日菜子 (筑紫丘高等学校出身)

 

    <優秀賞> 幸 百伽     (精華女子高等学校)

 

    <優秀賞> 大澤 真歩   (筑紫中央高等学校)

 

         おめでとうございます!!


| | 1/174PAGES | >>

カテゴリー

最新の記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アーカイブ

リンク

  • 資料請求
  • 体験入学

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

福岡で調理、製菓、製パン技術を学ぶ 中村調理製菓専門学校

Copyright ©Nakamura senshu gakuen. ALL Rights Reserved